医療法人博侑会 吉岡医院

受付時間 午前診9時~/夜診18時~
終了時間は曜日・診療科
により異なります。

詳細はこちら

日・祝全日/木・土午後 休診
  • 0120-12-7149
    075-451-0164
  • アクセス
  • WEBお問い合わせ

減量で脱メタボリックシンドローム

2011年5月17日

「適度な運動を始めてください!」
「食事を見直して、生活習慣を改めてください!」
「体重を減らしましょう!」

医療現場では当たり前のように聞かれる会話ですが、
患者さんは、「いつものことだし」
医師側は、「一応指導はしたし」
となりがちです。

メタボリックシンドロームはご存知のように

[ウエスト周囲径が男性で85cm、女性で90cm以上] があり、

その中で
①血清脂質異常(トリグリセリド値150mg/dL以上、またはHDLコレステロール値40mg/dL未満)
②血圧高値(最高血圧130mmHg以上、または最低血圧85mmHg以上)
③高血糖(空腹時血糖値110mg/dL)
の3項目のうち2つ以上を有する場合をメタボリックシンドロームと診断する

と規定しています

堅苦しい話ですが、細かい数字はこの際忘れて下さい。

やることは減量しウエストをへらすことです。
減量のために次の数字を覚えておいて下さい。

体脂肪1kg=7000kcal

1月で1kg体重を落とすには、1月で7000kcalを今より多く消費する必要があります。
1日あたり約230kcalです。

これを運動だけで消費しようとか、食事だけ減量しようと思うとしんどいので、
両方行います。

缶ビール350ml 1本=約150kcal
缶コーヒー(いろいろありますが) 100kcal前後。
ケーキ、アイスクリーム 200~300kcalぐらいでしょうか。

1日の中で、食事以外に何気なく摂っているものを考え、1品目減らします。

また運動ですが、歩行を30分増やせば約100kcal消費されます。
通勤の行き15分、帰り15分と分けても構いません。
激しい運動は必要ありませんが、できるだけ毎日行いましょう。

以上の食事、運動両面から200~300kcalを毎日節約消費すれば、
1月に1kg減量できますよ。

大きなことを始めるのではなく、できることから徐々に始めましょう。
生活のリズムも体調もよくなると、毎日少し楽しくなります。

また、体重を毎日決まった時間に量るのもお勧めです。
増えたときはなぜそうなったか考えるようになり、
自然と運動を増やしたり、間食を減らしたりするなど注意するからです。

減量の目標は、3ヶ月で3kgです。

できそうな気がしませんか?

吉岡医院 京都市 内科 メタボリックシンドローム