医療法人博侑会 吉岡医院

受付時間 午前診9時~/夜診18時~
終了時間は曜日・診療科
により異なります。

詳細はこちら

日・祝全日/木・土午後 休診
  • 0120-12-7149
    075-451-0164
  • アクセス
  • WEBお問い合わせ

熱中症にご注意下さい。

2011年7月11日

子供からもらった軽い風邪がようやく治まったので
約2週間ぶりに鴨川をランニングしました。

お昼前でしたので、強烈な日差しと蒸しかえるような気温で、
走り始めて少しの時間で、体は走ることを拒絶し始めました。

結局7kmぐらい走ったところで足が動かなくなり、
自動販売機でスポーツドリンクを買って、歩きながら家に帰りました。

気温は36度を超えていました。
このまま無理すると熱中症になっていました。

今年の夏は特に暑いですね。(去年も暑かったですが)
そして熱中症はとても怖い病気です。

湿度の高い高温環境で起こります。
たとえば梅雨明けの蒸し暑い日(まさに今の時期)、
冷房のない車内やマンションなどの閉鎖空間も要注意です。

暑いところに長時間いて、大量に汗をかき、
立ちくらみやめまいなどがあった場合には、
熱中症の初期症状と考えていいでしょう。

この時点で涼しいところへ移動し、体を冷やし、
水分を補給するなどの対応をすることで早めに回復します。
さらに進むと、嘔吐したり、頭痛や虚脱感などが起こってきます。

熱中症は放置していると進行・悪化していくので、
早期発見・早期治療が大事な病気と言えます。
特に子どもや乳幼児、高齢者には気配りをし、
悪化しないうちに発見するようにしましょう。

当院の患者様でも熱中症になり、救急車で搬送された方もおられます。
早く治療を受けたので、重症化せずすみました。

夏はまだ始まったばかりです。
体調が良くないと感じたら医療機関に相談しましょう。
さらに意識障害が見られたら、躊躇せず救急車を呼んでください。

 
京都市 吉岡医院 内科