医療法人博侑会 吉岡医院

受付時間 午前診9時~/夜診18時~
終了時間は曜日・診療科
により異なります。

詳細はこちら

日・祝全日/木・土午後 休診
  • 0120-12-7149
    075-451-0164
  • アクセス
  • WEBお問い合わせ

寒さと脳卒中

2011年12月7日

先日行われました内覧会の余韻も去り、
今はそのときにいただいた蘭が、
クリニックの玄関と廊下に彩を添えています。

12月に入り寒さも本格的になりました。
寒くなると、血圧が上昇します。
通院中の患者様でも、
全体的に少し高くなっているようです。

一般に血圧は冬が高く、夏は下がります。
このことは体温調節の仕組みに関係しています。
寒い環境にいると、末端の血管が収縮して、
熱を外へ逃がさないいう働きが起こります。
血管が収縮すると血圧は上昇します。

逆に夏は血管が拡張し、
同時に汗をかいて熱を放散するので
血圧は低下し、脱水になりやすくなります。

そのため、冬は脳出血が増加し、
夏は脳梗塞が多くなります。
特に気温差が激しくなると、
血圧の変動が大きくなります。

出かけるときはきちんと防寒対策をし、
入浴のまえには飲酒を控える、
あらかじめ浴室を暖める、
熱い湯船に急につからないなどの
注意が必要です。

また、普段から高血圧や高脂血症のある方は、
医師の指導の下、きちんと管理して下さい。


先日、ある食事会で、
高齢の男性が急に倒れました。
脈が触れず、心肺停止に近い状態になりました。

医師が多数出席していましたので、
緊急の蘇生(心臓のマッサージなど)を行い、
救急隊がついた時には、意識が回復しました。

この季節、
忘年会などでアルコールを摂る機会も増えます。
高齢の方、高血圧の方は十分お気をつけ下さい。

京都市 内科 吉岡医院 吉岡幹博