医療法人博侑会 吉岡医院

受付時間 午前診9時~/夜診18時~
終了時間は曜日・診療科
により異なります。

詳細はこちら

日・祝全日/木・土午後 休診
  • 0120-12-7149
    075-451-0164
  • アクセス
  • WEBお問い合わせ

ピロリ菌除菌の自費診療について

2012年4月12日

当院では平成24年2月より、
自費診療によるピロリ菌検査、除菌を始めました。

ピロリ菌の検査、除菌治療を受けるには、
現在の保険適応では、

①胃潰瘍、十二指腸潰瘍
②胃MALTリンパ腫
③特発性血小板減少性紫斑病
④早期胃癌に対する内視鏡的治療後

となっております。

すなわち、単にピロリ菌が感染しているだけでは、
潰瘍や癌がなければ、除菌の適応にはなりません。

しかし、ピロリ菌は胃がんと密接な関係があり、
除菌により胃がんの発生が少なくなると報告されています。

最近では健診などでピロリ菌の感染を調べることもあるのですが、
陽性であっても、保険が効かないために除菌できない、
あるいは、自費診療を行っていない施設も多く、
除菌治療を希望されても、結局受けられない状況が起きていました。

当院ではそのようなご要望に対応するため、
上記の除菌保険対象外の患者様に対し、
自費診療で、検査、除菌治療を受けていただくこととしました。

いくつかのパターンがあります。

1) ピロリ菌がいるかどうか分からない方。
2) 健診などでピロリ菌がいると分かっている方。

1) のかたは、まずいるかどうかの検査を行います。

ピロリ菌の血中抗体測定、または
便中抗原検査を行い、陽性であれば除菌します。

もし陰性であれば、ピロリ菌感染は無しとして、終了とする場合と、
さらに厳密にするには、尿素呼気テストという違う検査をし、
陰性であれば、やはりピロリ菌感染は無しということになり終了、
陽性であれば、ピロリ菌がいると考え除菌する場合とがあります。

これはどの検査も100%正確な判定が出ないことが分かっており、
本当はピロリ菌がいるのに陰性と判定される、
偽陰性が出る可能性があるからです。

精度が90%くらいの検査では、陰性と判定された10人に1人は
ピロリ菌陽性の方が存在することになります。
陰性と出た場合は、厳密には違う別の検査法で、
陰性を確認しておけば、より確実な診断が可能となります。

陽性と診断された方はまず間違いなく陽性ですので、
1度の検査で判定できます。

2) のかたは、すぐに除菌を開始します。

除菌の方法は、抗生剤と胃酸分泌を抑える薬の
1週間連続の内服です。

1回目の除菌で約70%が除菌に成功します。
でも30%ほどの方は菌が残ってしまいますので、
2回目の除菌治療を行います。
2回目の除菌では抗生剤の種類を一部変えて行います。

2回目でさらに80%以上の除菌率がありますので、
計2回治療すると除菌治療を行った方全体の
90%以上の除菌が得られると考えられています。

大体の費用は以下のとおりです。

1) ピロリ菌がいるかどうか分からない方。
  
  ①2種類の検査で
    ピロリ菌の存在が確認されなかった場合・・・約13000円

  ②ピロリ菌の存在が確認され、除菌した場合。
    1回目の除菌が成功した場合・・・約25000-30000円
    (お薬代込み)
    2回目の除菌を必要とした場合・・・約40000-45000円
    (お薬代込み)

2) ピロリ菌がいることが分かっている方。
  (すぐ除菌治療に入る方)

    1回目の除菌が成功した場合・・・約20000円
    (お薬代込み)
    2回目の除菌を必要とした場合・・・約38000円
    (お薬代込み)

当院はかかった医療費の10割をご負担いただいております。
治療内容は通常の保険診療される方と同じになっております。

記載いたしました費用はおおよそのもので、
診療回数や個別の内容につき、多少増減することがりますが
ご容赦ください。

ご相談はいつでもお受けいたしておりますので、
お電話していただくか、外来受診なさってください。

京都市 内科 吉岡医院 吉岡幹博
ピロリ菌除菌自費診療