医療法人博侑会 吉岡医院

受付時間 午前診9時~/夜診18時~
終了時間は曜日・診療科
により異なります。

詳細はこちら

日・祝全日/木・土午後 休診
  • 0120-12-7149
    075-451-0164
  • アクセス
  • WEBお問い合わせ

「ウイルス性胃腸炎」流行しています

2012年11月21日

紅葉の季節も足早に過ぎ去り、
日々寒さが増しているようですが、
皆様お変わりないでしょうか?

先週末から今週にかけ、
嘔吐、下痢の患者さんが急増しています。
それも症状の重い方が多いです。

また、最初は子供から始まり、
その後家族中で広がって、同じような症状で、
小児科と内科を受診されています。

このような広がり方は、
ウイルス性腸炎で多く見られます。
今回はノロウイルスが流行しているとのことです。

当院でも患者さんを1人検査してみましたが、
ノロウイルスが陽性でした。
医師会の感染情報でも同様です。

ノロウイルスといえば、
2006年冬に大流行したのを思い出します。
当時、私ははまだ病院の勤務医でした。

救急外来に嘔吐、下痢の患者さんが大勢押しかけ、
現場で働いた医師や看護師までもが
次々と感染し、症状を訴えました。

院内に感染が拡大してはいけないと、
ノロウイルスの疑いの患者さんは入院せず、
外来で点滴されていました。

感染経路は主に、口からになります。
患者さんの嘔吐物や下痢などにウイルスがいて、
服や手についたものから感染していきます。

潜伏期間は12~72時間、
症状の持続日数は1~3日で、
予後は良好(あまり重症化しない)です。

症状は、嘔気、嘔吐、下痢が60~80%、
腹痛が約半数で、頭痛、発熱、寒気が、
20~30%に見られるようです。

当院でも、院内での感染を防ぐために、
マスク、手洗いを徹底する、汚物の処理には、
ガウンと手袋で感染防御するなど対策をしております。

家族中で広がることもありますので、
手洗いの励行、汚物が拡散しないように、
速やかに処理するなどが必要です。


今回、私の2歳前の娘も、
軽い肺炎に、嘔吐下痢の症状が加わり、
週末より入院しておりました。

どうやら保育園でもらってきたようですが、
疲れが溜まり、体力が落ちていたのでしょう。
生まれて始めての入院です。

脱水でぐったりして元気がありません。
大量に点滴していただきました。

水分が補給されるとずいぶん元気になりました。
点滴の抗生剤の効果もあり、
肺炎とともに胃腸炎の症状も改善しました。

恐る恐るゼリーを食べています。
嘔吐がなくなると、
体力的にはずっと楽になりました。

入院後の経過は良好で、
4日目からは食事が出ました。
食欲が出始めると退院間近です。

食べる喜びが爆発しています!
この姿を見て主治医の先生は、
点滴終了と明日退院の指示を出されました。

本日昼に無事退院しました。
しばらくは保育園もお休みし、
家でゆっくり休ませます。

皆さんもくれぐれもお気をつけ下さい。
特に小さなお子さんから始まり、
家族全員に広がることも多いです。

症状が強いときには無理をせず、
体を休めると同時に、
脱水にならないように注意してください。

京都市上京区 吉岡医院 内科  
吉岡幹博