医療法人博侑会 吉岡医院

受付時間 午前診9時~/夜診18時~
終了時間は曜日・診療科
により異なります。

詳細はこちら

日・祝全日/木・土午後 休診
  • 0120-12-7149
    075-451-0164
  • アクセス
  • WEBお問い合わせ

春の気配と「第2回KYOTOGRAPHIE」

2014年3月27日

いよいよ3月も終わりですね。
来週にもなれば、桜の季節。
春はもうすぐそこまで来ています。

今回は、
「KYOTOGRAPHIE 国際写真フェスティバル」
のご紹介です。

皆さんはご存知でしたか?
京都でこのような写真展があるということを。
知らない方も多いのではないでしょうか。

昨年4月に始まった催しです。
今年が第2回目です。

開催期間は4月19日~5月11日の23日間。
全部で14か所の京都の町屋や名所を舞台に、
現代写真の国際的な展覧会が行われます。

興味のある方は是非案内をのぞいてみてください。
http://www.kyotographie.jp/

写真に詳しくない方でも、春の陽気に誘われて、
散歩がてらに出かけてみるのも悪くないです。
新しい発見があるかもしれません。


私がこの展覧会をご紹介するのは、
写真に詳しかったり、
趣味があったりするわけではありません。

この大規模な展覧会を主催されている、
ルシール・レイボーズさんと、
私が知り合いのなのです。

ルシールさんはフランス出身の女性で、
幼少期をアフリカで過ごし、
お父様の影響で写真家になられたという方です。

その後日本の文化に興味をもたれ、
東京に住み写真の仕事されておられたそうですが、
3年ほど前に京都に移られました。

私と知り合うようになったきっかけは、
ルシールさんと娘さんが、
風邪か何かで当院を受診されたことでした。

ルシールさんと私は同年代で、
最初に見た印象は背が高くてスマートな、
スタイリッシュでかっこいい白人の女性という感じでした。

その後、今から1年半くらい前、
当時5歳だった娘さんが自転車でけがをされ、
当院で治療を行いました。

娘さんのエデンちゃんは日本でお生まれになったので、
日本語とフランス語が話せるのですが、
ルシールさんはフランス語と英語を話されます。

私は残念ながら日本語のみ話せて、
中学生レベルの英会話が少しできるだけです。

困ったのは、
私とエデンちゃんとルシールさん、
3人が同時に理解できる言語が無かったことです。

私はルシールさんと英語で会話し
(本当に通じていたかが実に怪しい)、
エデンちゃんとルシールさんはフランス語で話すので、
私にはさっぱりわかりません。

エデンちゃんと私は日本語でしゃべります。
まるで伝言ゲームです。
それでも何とかコミュニケーションはとれていました。

幸い2カ月ほどでけがは治癒し、
その後はときどき、
予防接種や風邪などで来院されます。


昨年末、いろいろあって、
当院の年賀状の作成をお願いしたところ、
大変ご多忙にもかかわらず、快諾くださいました。

他にはない感じのオリジナルの年賀状ということで、
ご無理を聞いていただき、
貴重な写真を使用させていただきました。

それでできたのがこの年賀状です。

光と影のコントラストがとても美しい写真と、
やや大き目の金色の文字が華やかさを演出し、
大変きれいな作品を作って頂いたと思っています。

皆様のご健康を祈願し、
昨年来院いただきました患者様にお送りいたしました。
皆様のお手元にも届いた方がおられますでしょうか?

とにかくルシールさんはエネルギッシュな方で、
この写真展のために東京と京都を行ったり来たり。
昨年新たに男の子を出産され、
育児とお仕事を見事に両立されておられます。

京都の文化遺産や街並みを背景に、
きっと素晴らしいものとなるのでしょう!

去年は少ししか見に行けなかった私は、
今年はいろんな会場を回ってみようと思っています。


合わせてご紹介。

これは娘さんのエデンちゃんから、
治療のお礼にいただいた作品です。

さすが芸術家の娘さんだけあって、
彩の豊かなとてもかわいらしい作品ですね。
これは診察室に飾ってあります。

またご覧になってください。

それでは皆様、

まだまだ肌寒い日もありますので、
風邪などに気をつけて頂き、
素晴らしい桜の季節をお迎えください!

吉岡医院 内科
吉岡幹博


本ブログの内容は、
関係者の承諾を得て掲載しております。