医療法人博侑会 吉岡医院

受付時間 午前診9時~/夜診18時~
終了時間は曜日・診療科
により異なります。

詳細はこちら

日・祝全日/木・土午後 休診
  • 0120-12-7149
    075-451-0164
  • アクセス
  • WEBお問い合わせ

京の地蔵盆

2014年8月17日

8月16日の豪雨には参りました。

甲子園が豪雨で田んぼのようになった1時間後、
私の家でも雷が鳴りはじめ、
突然大粒の雨が音を立てて降りはじめました。

上空から巨大なシャワーを全開にしたような、
地面をたたきつける大変激しい雨でした。

私は車で医院で向かっていましたが、
雨のため視界は極めて不良で、
多くの車がヘッドライトを点けのろのろ走っていました。

ほんの少ししか歩いていませんが、
医院にたどり着いた時には、
ずぶ濡れになっていました。

私は医院の入り口で裸足になり、
更衣室まで裸足でペタペタと歩き、
院内用の靴にたどり着いたのでした。

診察を終えた頃には、雨は小康状態でしたが、
丸太町通りの烏丸から河原町の間は、
道路が浸水し通行止めになっていました。
(下水管の破裂だったようです)

心配された当日夜の五山の送り火は、
雨も上がり予定通り行われました。
京都のしぶとさを感じました。


翌日の17日は、
医院の町内の地蔵盆でした。
今年は私のところが当番でした。

朝早くから町内の方が集結し、
当院の駐車場奥の発熱外来に、
祭壇を設置していただきました。

最近までは町内の子供も少なくなり、
主役抜きのお地蔵さんになりかけていましたが、
ここ数年で子供が増えてきました。

心配された雨も何とか降らずに、
午前中に「スイカ割り」を行い、
大いに盛り上がりました。

野球用のプラスチックバットでたたくのですが、
硬いスイカはびくともせず、
最後は普通に包丁で切り分けみんなで分けました。

海岸ではりませんが、
蒸し暑い中屋外でスイカを頬張るのは、
なかなか懐かしくて美味しく感じました。

午後からは数珠まわしを行い、
おやつを食べ輪投げをしました。

この時も町内の方が多数来られて、
子供たちに歓声をあげておられました。
昔懐かしいほのぼのとした時間でした。

私が幼少のころは、
2日間にわたり行われたお地蔵さんも、
今では1日に縮小されています。

それでも近所のつながりが薄くなった最近でも、
このような行事が守り続けられているのは、
いかにも京都らしいと思われます。

年に一度の交流ですが、
人とのつながりは大切だなと、
考えさせられました。

吉岡医院 吉岡幹博