医療法人博侑会 吉岡医院

受付時間 午前診9時~/夜診18時~
終了時間は曜日・診療科
により異なります。

詳細はこちら

日・祝全日/木・土午後 休診
  • 0120-12-7149
    075-451-0164
  • アクセス
  • WEBお問い合わせ

インフルエンザが流行期に入りました

2016年1月17日

暖冬と言われておりますが。
さすがに1月にもなると寒くなってまいりました。
風邪の患者様も少しずつ増えております。

1月15日京都府より医療機関に通知あり、
京都府下が1月4日~10日の第1週に、
インフルエンザの流行期に入ったとのことです。

これは指定された医療機関が定点観測を行い、
1定点あたりの1週間の患者数が、
1を超えるとが流行の目安とされています。

京都府下では1.41と流行期に突入しました。
因みに昨年の第1週(同時期)は26.93でしたので、
昨年は大流行していたというのがわかります。

京都市は0.84ですので、
京都市だけで見るとまだ流行期ではありません。
ただおそらく時間の問題と思われます。

予防対策です。

○外出時の手洗いを励行する。
○体調の悪いときは人込みを避け、
 外出の際はマスクを着用する。
○症状のある人は他の人にうつさないよう、
 マスクの着用など「咳エチケット」に努める。
○加湿器を利用し、湿度を50~60%に保つ。
○過労や睡眠不足を避け、
 十分な栄養と休養をとる。
○ワクチンを接種する。

高熱が出た時、全身倦怠感や寒気、
頭痛や関節痛、筋肉痛があるときは、
医療機関を受診してください。

医療機関でインフルエンザのチェックをされますが、
高熱が出てから6時間までは、
検査で陽性が出ない時があります。

その時は時間を開けてから、
もう一度受診いただき再検査を行います。

当院には富士フイルムの検査機があり、
熱が出てから3時間ぐらいで判定できるとされています。
十分時間が経っていない時はそちらで検査を行います。

まずはかかられないことが第一ですが、
かかってしまった時には、
なるべく早期の治療が望まれます(48時間以内)。

高熱や寒気の際には、
早めに受診なさってください。

吉岡医院   吉岡幹博