医療法人博侑会 吉岡医院

受付時間 午前診9時~/夜診18時~
終了時間は曜日・診療科
により異なります。
日・祝全日/木・土午後 休診
  • 0120-12-7149
    075-451-0164
  • アクセス
  • WEBお問い合わせ

新しい内視鏡システム 『 OLYMPUS ELITE 』 とボールペン

2016年2月7日

インフルエンザの流行もあり、
当院の小児科は連日混雑しております。
発熱外来もフル回転です。

患者様には待ち時間が長くなり、
ご不便をおかけしております。
しんどい中お待ちいただき申し訳ありません。


さて今日は当院の、
新しくなった内視鏡システムについて、
少しお話をいたします。

当院ではずっと、
オリンパスの内視鏡を使用しています。

私が当院で診療を始めた5年前に、
当時の最新システム(ハイビジョン・NBI付)
を購入し検査をしております。

オリンパスは今から3年前にフルモデルチェンジを行い、
それ以降に出る最新の内視鏡は、
新しいシステムでないと使用できなくなりました。

 

そのため最新の経鼻内視鏡
(極細径で鼻から入れる内視鏡)は、
当院のシステムでは使うことができませんでした。

ずっと必要と思っていたものでした。

その経鼻内視鏡を今回、
ようやく最新式のものに、
買い替えることができました。

本体のシステムそのものも更新しましたので、
従来の胃カメラ、大腸カメラを接続しても、
非常に明るくきれいに見えます。

そして経鼻内視鏡も、
従来当院で使用していた一世代前のものより、
飛躍的に画質が向上しました。

今までは当院の胃カメラのメインは、
ハイビジョンで高画質の経口内視鏡でしたが、
これからは経鼻内視鏡に変わると思います。

これもやはり一つの技術革新ですね。
以前の経鼻内視鏡は細さが追求され、
どちらかというと画質は置き去りにされていました。

 

それが今では経口内視鏡の約半分の太さで、
ハイビジョンの画質に迫っているのですから、
本当にすごい進歩だと思います。

(注:強調はしておりますが、
経口のハイビジョンの画質には、
まだ明らかな差はあります)

これからは通常の検査は経鼻内視鏡で、
がんが疑われるなど精度を要する場合には経口内視鏡と
守備範囲が変わってくると思われます。

ある関東の大学病院でも、
通常の検査をすべて経鼻内視鏡に切り替えた、
という話も聞いたことがあります。

それくらい信頼度が上がっているようです。

機械が進歩すれば、
それを使う人間も技術が要求されます。
それについて行けるように日々努力です。

しかし、このシステムの『エリート』という名前、
地道を行く私には、
どうも馴染めないネーミングですが・・・。

名前負けしないように、
技術を向上させながら、
最大限に使いこなしたいものです。

 

 
私は医療機器の購入の際、
納品に来たメーカーの担当者に、
この時とばかりに悪態をつく癖があります。

今回のオリンパスの時も、
「おたくの内視鏡システムは、フジフイルムなど、
他のメーカーと比べても、明らかに高すぎる!」

 

「粉飾決算で一時期危なかったのに、
騒動が収まるとまた今まで通り、
不透明で横柄な体質に戻っている!」

などとごちゃごちゃ不満を述べていると、

担当者が後日、
「先生こんなのがあったのでよかったらどうぞ」と、
ボールペンを私に差し出しました。

ボールペンごときで大げさな!
と思いましたが、出てきたものは、
これです ↓

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、
ボールペンのクリップの位置には、
内視鏡のダイアルがついています!

ダイアルは動きませんが、
内視鏡で言うzoomのボタンを動かすと、
ペン先が出る仕組みです!

「すいませんが、あと10本程いただけませんか?」

「過去に発売したモデルの宣伝用なので、
そんなに残っていないかもしれません」

「あるだけで結構ですので、
何とかお願いいたします」

・・・ということで、
後日5本もらいました。

内視鏡を担当する職員に配ると、
大変喜ばれました。

オリンパスがこんな気の利いたことをするとは、
思ってもみませんでした。
ちょっとは見直しました。

実はこのボールペンをもらった時、
新しく購入した内視鏡システムより、
興奮度が高かったのでした(笑)

 

吉岡医院  吉岡幹博