医療法人博侑会 吉岡医院

受付時間 午前診9時~/夜診18時~
終了時間は曜日・診療科
により異なります。

詳細はこちら

日・祝全日/木・土午後 休診
  • 0120-12-7149
    075-451-0164
  • アクセス
  • WEBお問い合わせ

当院で受ける大腸内視鏡検査について

2016年3月17日

桜の開花予想が発表されましたね。
これから一気に春に向かってゆくのでしょうか?
今年は暖冬で開花が少し早いそうです。

インフルエンザも減りそうで減らず、
まだまだ寒い日も多いですが、
皆様お変わりありませんでしょうか?


さて、
今日は大腸カメラについて、
少しお話をいたします。

『当院は苦痛の少ない検査を行っております―』

よく目にするフレーズですね。

でもこれって、
よく考えてみれば当たり前のことを、
言っているだけと思いませんか?

どの医療機関でも、
検査の苦痛が多くても平気なんて、
考えている医師はいませんからね。

でも一般の方には、どう苦痛が少ないのか、
特に過去に受けたことない方にとっては、
わかりずらいのではないかと思います。

そこで今回は、苦痛の軽減も含め、
当院で大腸カメラを安心して受けていただく、
取り組みについてご説明しようと思います。

当院でももちろん、
『苦痛の少ない検査』を心がけています。
・・・やはり言ってしまいました(笑)

それでは患者さんの立場になって、
考えてみることにします。

大腸カメラを受けるときに、
気になると思われることを挙げてみました。
それに対しQ&Aでお答えします。

①仕事が忙しく行ける日が少ない。

②検査を受けるのが恥ずかしくて抵抗がある。

③他の患者さんと一緒に準備をするのは気が引ける。

④下剤は味が苦手で飲めたものではない。

⑤長時間待つのは嫌、さっさと受けて早く帰りたい。

⑥検査中・検査後の痛みが心配。

⑦ポリープがあれば治療を同時に行いたい。

⑧検査の結果はその日に知りたい。

⑨怖い病気が見つかってもちゃんと対処しできるのか。

⑩検査の上手な医者にかかりたい。

⑪看護師さんやスタッフが優しいと嬉しい。

こんな感じでしょうか?
では当院での対策を簡単にご説明します。
(対策になっていないものもありますが・・・)

①仕事が忙しい。

当院は月曜日から土曜日まで毎日行っております。
平日忙しい方は土曜日にお受けください。
(日曜日や夕方は行っておりません)

②検査が恥ずかしい。

確かにおしりから内視鏡を入れますので、
特に女性の方は抵抗があるかもしれません。
でも検査中はあまり気にならないと思います。

検査の前には検査着に着替え、
おしりにスリットの入った、
ひざ丈の紙の半ズボンを履きます。

検査の時は、
検査台に左向きの横向きから始まり、
その後仰向けで膝を軽くたてて行います。

この辺はどこの施設でも、
あまり変わりないところだと思います。

当院は検査中は医師と看護師の2名のみで、
患者様の腰はタオルケットなどで覆いますので、
安心してお受けいただけると思います。

③他の患者様と一緒は嫌。

トイレ付の個室を用意しております。
個室にはテレビやネットの環境もあり、
準備時間にご利用いただけます。

④下剤の味が苦手。

以前液体の下剤で気分が悪くなった方には、
好きなお茶や水で飲める錠剤の下剤があり、
選んでいただけます。

⑤検査の時間待ちが長いのは嫌。

大きな病院などでは順番待ちで、
検査の開始が夕方になることもあるそうです。
当院では13時に開始し14時頃にお帰りになれます。

⑥検査の苦痛が心配。

検査中は希望により、
軽い麻酔や痛みどめを使うことができます。

また検査中の送気は一般的な空気ではなく、
腸に長時間残らない『炭酸ガス』を使用しています。
検査中、検査後のお腹の張りをおさえます。

⑦検査とポリープ治療を同時にしたい。

当院ではポリープの切除を、
大きいものや、がんが疑われるものを除き、
検査当日にその場で行っております。

ただ、ポリープを切除した方は、
出血や穿孔、腹痛などの合併症がないか、
翌日受診していただきます。

また、治療後1週間は、
腹圧のかかる仕事や激しい運動、
アルコール摂取などの制限があります。

⑧検査結果はすぐに知りたい。

当院では検査後帰宅する前に、
検査結果の説明を行っております。
後日結果だけ聞きに来てもらうことはありません。

ポリープなどの組織検査(病理検査)は、
結果が出るのに10日ほどかかりますので、
約2週間後にもう一度来院していただいております。

⑨がんなど怖い病気が見つかったらどうなる?

当院では病気重さや治療の内容などを考慮し、
第二日赤病院等の地域基幹病院や大学病院などに紹介し、
適切で最善の治療をしていただいております。

⑩検査の上手な医者にかかりたい。

はい、ごもっともです。
ここが一番重要かもしれません。
当院では私だけが担当いたします。

苦痛の少ない検査を第一に心がけていますが、
患者様によっては過去の手術の影響や、
腸が敏感で体質的に苦痛が出る方もおられます。

その様な方には、
麻酔や痛みどめを使いながら、
症状緩和に努めております。

⑪看護師さんをはじめスタッフが優しい?

はい、間違いなく、優しいと思います(笑)

患者様には1名ないし処置の際は2名看護師が付き、
患者様の状態をよく観察し、時には励ましながら(笑)
検査・治療のサポートを行います。

受付のスタッフも、
常に患者様目線で対応しておりますので、
お困りの際は何なりとご相談ください。


以上、大変手前味噌ではあり恐縮ですが、
当院での大腸カメラの取り組みについて、
ご説明いたしました。

皆様が検査をお受けになる際の、
一助になればと思います。

吉岡医院   吉岡幹博