医療法人博侑会 吉岡医院

受付時間 午前診9時~/夜診18時~
終了時間は曜日・診療科
により異なります。

詳細はこちら

日・祝全日/木・土午後 休診
  • 0120-12-7149
    075-451-0164
  • アクセス
  • WEBお問い合わせ

本日よりインフルエンザの予防接種開始です

2016年10月17日

今日はあいにくの曇り空ですが、
ここ数日は秋晴れの清々しいお天気でした。

寒かったり、暑かったり、一の日の中でも
寒暖の差が激しい時期です。

お子様の風邪の患者様、
特にRSウイルス感染症が増加しているようです。
ご家族の方もあわせてお気を付け下さい。


さて、
本日よりインフルエンザの予防接種が、
開始となりました。

ワクチンは昨年と同じく、
A型株2種類、B型株2種類の合計4種類、
4価のワクチンとなっております。

B型株は同じですが、A型株のうち1種類は、
昨年の流行の主流となったものに変更され、
ワクチンの中身は少し変わっています。

接種時期ですが、
通常ワクチンの効果が維持できる期間は、
接種後2週間後から約5か月とされています。

例年インフルエンザの流行は、
1月上旬から3月上旬ということですので、
12月中旬までに行うといいと思われます。

ところで皆さんは、
ワクチン接種の意義をご存知でしょうか?

ワクチン接種は、もちろん個人が、
インフルエンザウイルスに感染しないようにする、
個人防御が主な目的ですが、

個人防御の積み重ねで、
みんなで接種することにより、
社会全体での防御につながるとされています。

たとえ一人かかったとしても、
周りの人がきちんとワクチンを接種していれば、
それ以上の拡大、流行を防ぐことができるのです。

ということで、
できる限り予防接種は受けてください。
特に65歳以上の方には公費補助が出ます。

65歳以上の方はインフルエンザにかかると、
肺炎などの合併で重症化することがあります。
場合によっては入院が必要になることがあります。

国が公費で予防接種を行うということは、
高齢者の感染を予防し命を救うことに加え、
最終的には医療費抑制が期待できることにあります。

特にインフルエンザと同じように、
高齢者での接種が公費負担のもと行われている、
肺炎球菌ワクチンではよりはっきりしていて、

入院などの医療費を削減できる経済効果は、
5000億円との試算されているそうです。
欧米では国策として接種を行っているそうです。

もはや、感染症は、
「治す時代」から「予防する時代」に、
シフトしつつあります。

アメリカでは日本と保険制度が異なるので、
保険会社によっては、肺炎球菌ワクチンをうっていない方は、
医療費をカバーしないということもあるそうです。

民間の保険会社がそうするのですから、
それだけワクチンの費用対効果が高いことが、
証明されているということです。

ということですので、

皆さんも自分の体を守るため、
地域全体の流行を防ぐため、
最終的には国家の医療費を抑制するため、

インフルエンザの予防接種は行ってください!

何か洗脳している感じがするかもしれませんが、
そのつもりはありません(笑)

また65歳以上の方は、
インフルエンザのワクチンと並行して、
肺炎球菌ワクチンの接種もご検討ください!

 

吉岡医院  吉岡幹博