医療法人博侑会 吉岡医院

受付時間 午前診9時~/夜診18時~
終了時間は曜日・診療科
により異なります。

詳細はこちら

日・祝全日/木・土午後 休診
  • 0120-12-7149
    075-451-0164
  • アクセス
  • WEBお問い合わせ

眠くならない?新しい抗アレルギー薬

2016年12月7日

一段と寒くなってまいりました。
本日京都市においてもインフルエンザの流行が、
発表されました。

当院では先週、
インフルエンザの患者様が2人見つかりました。

今週から「発熱外来」を開いています。

当院でいう「発熱外来」とは、
インフルエンザの疑いのある患者様を、
少し離れた診察室で診療することです。

診察は従来通り、
小児科と内科で別々に担当しております。

これから風邪のシーズンで、
通常の外来にも風邪の患者様の割合が、
とても多くなっています。

特に38度を超えるような発熱の方は、
発熱外来でお待ちいただくことになります。
よろしくお願いいたします。

 

本日ご紹介するのは、
最近発売になったアレルギーのお薬です。

花粉症やアレルギー性鼻炎で使用する、
「アレグラ」「クラリチン」「アレロック」など、
聞かれたことはないでしょうか?

これら抗アレルギー薬の代表である、
「抗ヒスタミン薬」は、
処方された方もおられると思います。

この抗ヒスタミン薬は、
良く効く半面、
眠気を伴う副作用があります。

抗アレルギー効果が強い薬ほど、
副作用の眠気が強くなると言われています。

私もアレルギー持ちなので、
抗ヒスタミン薬はよく飲みますが、
確かに眠気が出るものもあります。

私はかつて「アレロック」を内服した後に、
車の運転をしたことがあります。
普段はあまり気になりませんでしたが、
渋滞などでは強い眠気に襲われました。

このように強めの抗ヒスタミン薬には、
車の運転などをしないように注意されています。
あまり気づかなくても眠くなっているのです。

アレロックの添付文書には、

「眠気を催すことがあるので、
本剤投与中の患者には自動車の運転等、
危険を伴う機械の操作には従事させないよう、
十分注意すること。」

と、書かれています。

つまり車を仕事で運転する方や、
工場で働かれる方には、
実際は処方できないということになります。

そのため抗ヒスタミン薬も、
効果は弱いが副作用の軽いものから、
効果の高く副作用の強いものまで、
何段階もいろんな薬が出ていました。

私たちも患者様に処方する際は、
効果と副作用を天秤にかけながら、
抗ヒスタミン薬は選んでおりました。

このような性格を持ったのが、
抗ヒスタミン薬です。

そして、
今回比較的強い抗アレルギー効果を持ちながら、
眠気はほぼゼロというものが発売されました。

「ビラノア」というお薬(薬品名)です。

どうして眠気を少なくできたかというと、
薬剤が脳内のヒスタミン受容体に、
移行しないからだそうです。

発売前の臨床試験でも、
明らかに眠気の副作用は少なかったと
報告されています。

これが本当だとすると、
今まで使用してきた抗ヒスタミン薬の、
多くは必要なくなるかもしれません。

この「ビラノア」より効果の高いものだけ、
必要とされると思われますが、
これより効果の低いものは淘汰されてしまいます。

この新薬ですが今まで薬と、
値段の上では同じくらいなので、
比較的処方しやすいと思います。

このようにいいことずくめなのですが、、、

おおよそ製薬メーカーの言い分は、
自分たちの有利なことしか言わないので、
少し疑ってみることも必要です。

製薬メーカは新薬を出すたびに、
その道の第一人者を招いて講演会を行い、
医療関係者を洗脳してきます。

ということで、新薬の扱いは慎重に。
思わぬ副作用がないとも限りません。

新薬はどれも発売より1年間は、
1回の診療で2週間分しか処方できない、
投与日数制限というのが存在します。

従って花粉症や蕁麻疹などで、
長い期間お薬を飲まれる方には、
処方しづらいものです。

その間に情報を集め、
本当に高い効果で眠気が無ければ、
今後はこの薬にとって代わると思います。

 

ただ疑ってばかりで、
この薬の恩恵を受けたいと願っている方の
大切な機会を奪ってもいけませんね。

もし今までのアレルギー薬が、
副作用が強くて内服できない方がおられれば、
一度試して見られてはどうでしょうか。

 

● おまけ

クリスマスが近づいてきました。

IMG_1266

いつもお世話になっている方より、
恒例のポインセチアをいただきました。
ただ例年と違うのはその大きさです。

子どもくらいの高さがあります!

入り口に飾ると患者さんが出入りできませんので、
すこし奥まったところに飾らせていただきました。
皆さんも良かったら見て行ってくださいね。

 

 

吉岡医院  吉岡幹博